祐天寺ウィメンズヘルスクリニック

婦人科がん検診

Medical

婦人科がん検診MEDICAL

祐天寺ウィメンズヘルスクリニックでは、子宮頸がん検診、子宮体がん検診、卵巣がん検診を行います。

子宮頸がん検診

子宮頸がんとは?

子宮頸がんとは子宮の入り口にできるがんで、若い年齢の方にもできることがあります。

初期の子宮頸がんでは自覚症状がほとんどないこともあります。初期から進行し、多くみられる症状は、性器からの出血で、性行為の後や生理以外のときに出血が見られたりします。また、おりものの量が増えたり、ピンクや茶の色がつく事もあります。

これらの症状があってもすぐにがんとは言えませんが、早めに子宮頸がん検診をおすすめします。

子宮頸がんの検査

がん検診のほとんどは、子宮の出口の細胞を綿棒やブラシで擦り取り顕微鏡で診断します。

子宮体がん検診

子宮体がんとは?

子宮体がんは閉経後の方に多くみられます。主な症状は出血です。
また、最近では30歳代の若い女性にも増えています。

もともとは欧米の方に多くみられていましたが、生活習慣や食生活の欧米化によって増加傾向になりました。また、子宮体がんは、子宮体部の内側にある子宮内膜から発生するがんです。

出産経験が無い方・不妊症の方・生理不順や無排卵といった症状の方が罹りやすいともいわれています。40歳を過ぎたら定期的に検診を受けることをおすすめします。

子宮体がん症状

性器からの不正出血が多くの患者様にみられます。
おりものの色がピンクや茶色に変わったり、不快なにおいがすることもあります。貧血や下腹部の痛みもみられるようになります。

子宮体がんの検査

子宮内膜から細胞を採取します。その後、病理学的検査が必要となります。
この検査で異常が見られた場合には、子宮内膜の組織を採取し検査します。

卵巣がん検診

卵巣がんとは?

卵巣とは、子宮の両脇にあり、女性ホルモンを分泌しています。卵巣がんの多くは、卵巣を覆う細胞に発生します。
初期の自覚症状はほとんどありません。その後、進行すると腹痛やおなかの張りといった症状が出てきます。

卵巣がんの検査

超音波検査により、卵巣が腫大していないか確認します。

身内に子宮体がん・卵巣がん・乳がん・大腸がんになった方がいる、妊娠経験の無い方は、そうでない方に比べて卵巣がんになりやすいともいわれています。年に1度検査を受けられることをお勧めしております。